EV用のコンセントの位置

一条工務店では、EV 用コンセントを何も言わなくてもつけてくれます。

もちろん費用が発生しますが、今後、電気自動車が普及することを考えると付けておいた方が良いでしょう。 

当然ですが、EV用のコンセントとして200V電源ですから、駐車場前に付けておくことをオススメします。 

ただ、制約として、家の壁に付けなければいけません。 

 

もし、家の壁が嫌な場合は、外構で付けるという手法もあります。その場合も、あらかじめ家から引き出し線を用意しておく必要があります。

 

我が家では、家の壁につけました。

特に外観も気にならなです。

 

ただ、このコンセントは図面承認直前まで、駐車場から遠い場所にありました。最後に気がついて移動しましたが、非常に危なかったです。その経緯は以下の通り。

 

 

図面を見ながら

私『このコンセントってなに用ですか?』

一『EV用です。』

私『え?駐車場で使うんですか?』

一『そうですね』

私『何で駐車場とは別の壁についてるんですか?』

一『駐車場の壁は通りから見えるので、そこにつけると外観が悪くなります』

私『じゃあEV充電するときはどうするんですか?』

一『どうにかして引っ張ってくれば…』

私『駐車場側に付けてください!』

一『外観いいんですか?』

私『構いません!』

 

 

使うたびに延長ケーブル使うなんてあり得ないですからね。

 

私とは、価値観が違いますが、一条工務店なりに、我が家のことを思ってくれていたと思います。ただ、デザイン性を重視するなら一条工務店を選んでないですよ。

家は性能!そこはブレないで頂きたいものです。

 

コメントを残す