従量電灯BとC

皆さんの家の電気契約は、どのようになっていますか?

 

一条工務店で家を建てると、関東エリアの場合、最初は東京電力と契約することになります。

その契約内容について、完全にお任せしていたのですが、やけに高いなぁと思って確認してみると驚愕の事実が!?

『従量電灯C』

これって、アパート、マンションに住んでいると、ほぼ見ない契約です。

これは何かと調べると、消費電力が多い場合に使用する契約でした。

一条工務店のフル装備の場合は必要なのかもしれませんが、私の家はソーラーパネルもついていなければ、オール電化でもない!

東京電力の担当者に確認したところ、よっぽどの豪邸じゃなければ不要なはず。とのこと。

じゃあ、ということで、従量電灯Bに変更しました。

実際の変更による効果金額

変更前: 基本料金 2,808円/月(10kVA契約)

変更後: 基本料金 1684円/月(60A契約)

月額で1000円以上下がりました!

ちょっと不安があり、従量電灯Bの中で一番容量の大きい60A契約としましたが、床暖房やエアコンを使っても、ブレーカーが落ちるようなことはなく、全く問題ありません。

1 件のコメント

コメントを残す