収納の網棚

システム収納には網棚がついているものがあります。これは洗面化粧台横の収納にもついています。

 

網棚は、ただの棚とは違いそれ自体を引き出すことができます。そのため奥にあるものが取り出し安いです。

しかし、引き出し方向に取り外せるということはメリットだけではありません。むしろデメリットの方が大きいです。

 

収納はどうしても物が増えていきます。だんだんと重くなってくるのです。

そんな棚から物を取り出そうとするとき、棚を外して一度床に置こうとは思わないものです。自分に負荷がかからないように、必要最低限だけ引き出すに留めようとします。 

しかし、引き出しが外れるということはストッパーがないということです。引き出しの勢いや、引き出し量を見誤るとガコっと外れてしまいます。 

 

引き出しを引くときは、大抵片手です。棚が軽ければいいですが、外れた棚を片手で支えるのは難しいです。度々おっとっと…となっています。

 

ただ、網棚自体は通気性も高いですし使い続けています。今はなんとかストッパーを自作できないか検討中です。

コメントを残す