テレビボード

いろいろ悩みましたが、結局、一条のテレビボードを採用しました。

住む前からの不満、住んでから気づいた不満を紹介します。

 

■住む前からの不満

  • デカイ
  • 形状パターンがない
  • 色の選択肢が少ない

まずは、大きさです。

32型のテレビを使っていますが、来る人みんなに『テレビ小さい』と言われます。

テレビボード大きすぎ。

家の間取り的に2450mmの幅しか確保出来なかったので、片側の収納がないタイプにせざるを得ませんでした。

もう一マス収納棚を寄せられたら良かったんですが、そんなパターンはないのですよね。

あとは、色についても鏡面の艶があるタイプしか選べませんでした。

完全に好みの問題ですが、シューズボックスのように、木目のものにしたかった。。。

 

■住みはじめてからの不満

  • プッシュ式の扉がルンバと相性悪い
  • スライド式の棚は一ヶ所しかない

収納棚が、すべてプッシュプッシュ式です。一番下の棚に、ルンバがぶつかるので、家に帰るといつも棚が開いています。

もう閉めることもしなくなりました。

最下段は、フツー引き出しの方が良いです。

 

もう一点は、外観だけ見ると、収納棚はすべて同じかと思えますが、側面の四段のうち一ヶ所だけ、小物入れのようになっていて、中にスライド棚が付いています。

これが、なかなか使い勝手が良い、というか他の棚が使い勝手が悪いです。

もう一ヶ所ぐらい同じ構造をしていてくれたら、もっと良かったです。

 

因みに、このテレビボードを採用したくない人は、パナソニック製のCubiosにする場合が多いそうです。

http://sumai.panasonic.jp/interior/shuno/cubios/

こちらは、いろいろなバリエーションを選べます。

私が、採用しなか理由は、現物を見た感じ、ちょっと高級感が劣るから、というのと、

仕様を自分で決めて、パナソニックと一条の間の調整を色々やらなければいけない、というのが面倒だったからです。

やらなければいけないことが沢山ありますからね。

ここはもう一条でいいや!となりました。

コメントを残す